Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > zlibライブラリ > Zlib::GzipReaderクラス

class Zlib::GzipReader

クラスの継承リスト: Zlib::GzipReader < Enumerable < Zlib::GzipFile < Object < Kernel < BasicObject

要約

gzip 形式の圧縮ファイルを読み込むラッパークラスです。 IO クラスのインスタンス (又は IO クラスのインスタンスと同じメソッドを 持つオブジェクト) と関連付けて使用します。

require 'zlib'
=begin
# hoge.gz がない場合は下記で作成できる。
Zlib::GzipWriter.open('hoge.gz') { |gz|
  gz.puts 'hoge'
}
=end

Zlib::GzipReader.open('hoge.gz') {|gz|
  print gz.read
}

f = File.open('hoge.gz')
gz = Zlib::GzipReader.new(f)
print gz.read
gz.close

特異メソッド

定義 説明
new(io) -> Zlib::GzipReader

io と関連付けられた GzipReader オブジェクトを作成します。

open(filename) -> Zlib::GzipReader
open(filename) {|gz| ... } -> object

filename で指定されるファイルを gzip ファイルとして オープンします。GzipReader オブジェクトを返します。 その他詳細は Zlib::GzipReader.newZlib::GzipReader.wrap と 同じです。

wrap(io) -> Zlib::GzipReader
wrap(io) {|gz| ... } -> object

io と関連付けられた GzipReader オブジェクトを作成します。

インスタンスメソッド

定義 説明
each(rs = $/) {|line| ... } -> self
each_line(rs = $/) {|line| ... } -> self
each(rs = $/) -> Enumerator
each_line(rs = $/) -> Enumerator

IO クラスの同名メソッドIO#each, IO#each_lineと同じです。

each_byte {|byte| ... } -> nil
each_byte -> Enumerator

IO クラスの同名メソッドIO#each_byteと同じです。

eof -> bool
eof? -> bool

圧縮データの終端に達した場合真を返します。 フッターが読み込まれていなくても真を返すことに注意して下さい。

getc -> Integer | nil

IO クラスの同名メソッドIO#getcと同じです。

gets(rs = $/) -> String | nil

IO クラスの同名メソッドIO#getsと同じです。

lineno -> Integer

IO クラスの同名メソッドIO#linenoと同じです。

lineno=(num)

IO クラスの同名メソッドIO#lineno=と同じです。

pos -> Integer
tell -> Integer

現在までに展開したデータの長さの合計を返します。 ファイルポインタの位置ではないことに注意して下さい。

read(length = nil) -> String | nil

IO クラスの同名メソッドIO#readと同じです。

readchar -> Integer

IO クラスの同名メソッドIO#readcharと同じです。

readline(rs = $/) -> String

IO クラスの同名メソッドIO#readlineと同じです。

readlines(rs = $/) -> Array

IO クラスの同名メソッドIO#readlinesと同じです。

readpartial(maxlen, outbuf = nil) -> String

IO クラスの同名メソッド IO#readpartial と同じです。

rewind -> 0

ファイルポインタを Zlib::GzipReader.new を呼び出した直後の 時点に戻します。関連付けられている IO オブジェクトに seek メソッドが定義されている必要があります。

ungetc(char) -> nil

IO クラスの同名メソッド IO#ungetc と同じです。

unused -> String | nil

gzip フォーマットの解析のために読み込んだ余剰のデータを返します。 gzip ファイルが最後まで解析されていない場合は nil を返します。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined all? any? chunk chunk_while collect collect_concat count cycle detect drop drop_while each_cons each_entry each_slice each_with_index each_with_object entries find_all find_index first grep grep_v group_by include? inject lazy max max_by min min_by minmax minmax_by none? one? partition reject reverse_each slice_after slice_before slice_when sort sort_by take take_while to_h to_set zip !~ <=> == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method method_missing methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_ary to_hash to_int to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE close closed? comment crc finish level mtime orig_name os_code path sync