Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > TracePointクラス

class TracePoint

クラスの継承リスト: TracePoint < Object < Kernel < BasicObject

要約

Kernel.#set_trace_func と同様の機能をオブジェクト指向的な API で 提供するクラスです。

例:例外に関する情報を収集する

trace = TracePoint.new(:raise) do |tp|
  p [tp.lineno, tp.event, tp.raised_exception]
end
# => #<TracePoint:0x007f786a452448>

trace.enable
# => false

0 / 0
# => [5, :raise, #<ZeroDivisionError: divided by 0>]

TracePoint.new または、TracePoint.trace で指定したブロック は、メソッドの引数(上記の例では :raise)に対応するイベントが発生した時に 呼び出されます。

発生するイベントの詳細については、TracePoint.new を参照してくださ い。

参考

特異メソッド

定義 説明
new(*events) {|obj| ... } -> TracePoint

新しい TracePoint オブジェクトを作成して返します。トレースを有効 にするには TracePoint#enable を実行してください。

stat -> object

TracePoint の内部情報を返します。

trace(*events) {|obj| ... } -> TracePoint

新しい TracePoint オブジェクトを作成して自動的にトレースを開始し ます。TracePoint.new のコンビニエンスメソッドです。

インスタンスメソッド

定義 説明
binding -> Binding

発生したイベントによって生成された Binding オブジェクトを返します。

defined_class -> Class | module

メソッドを定義したクラスかモジュールを返します。

disable -> bool
disable { ... } -> object

self のトレースを無効にします。

enable -> bool
enable { ... } -> object

self のトレースを有効にします。

enabled? -> bool

self のトレースが有効な場合に true を、そうでない場合に false を返しま す。

event -> Symbol

発生したイベントの種類を Symbol で返します。

inspect -> String

self の状態を人間に読みやすい文字列にして返します。

lineno -> Integer

発生したイベントの行番号を返します。

method_id -> Symbol | nil

イベントが発生したメソッドの定義時の名前を Symbol で返します。 トップレベルであった場合は nil を返します。

path -> String

イベントが発生したファイルのパスを返します。

raised_exception -> Exception

発生した例外を返します。

return_value -> object

メソッドやブロックの戻り値を返します。

self -> object

イベントを発生させたオブジェクトを返します。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method method_missing methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE