Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Encoding::InvalidByteSequenceErrorクラス

class Encoding::InvalidByteSequenceError

クラスの継承リスト: Encoding::InvalidByteSequenceError < EncodingError < StandardError < Exception < Object < Kernel < BasicObject

要約

文字列がそのエンコーディングにおいて不正なバイト列である場合に発生 する例外。

通常エンコーディング変換時に発生します。

"\x82\xa0".force_encoding("cp932").encode("UTF-8")
#=> "あ"
"\x82\xa0".force_encoding("EUC-JP").encode("UTF-8")
#=> Encoding::InvalidByteSequenceError: "\x82" on EUC-JP

インスタンスメソッド

定義 説明
destination_encoding -> Encoding

エラーを発生させた変換の変換先のエンコーディングを Encoding オブジェクトで返します。

destination_encoding_name -> String

エラーを発生させた変換の変換先のエンコーディングを文字列で返します。

error_bytes -> String

エラー発生時に捨てられたバイト列を返します。

incomplete_input? -> bool

エラー発生時に入力文字列が不足している場合に真を返します。

readagain_bytes -> String

エラー発生時に読み直さなければならないバイト列を返します。

source_encoding -> Encoding

エラーを発生させた変換の変換元のエンコーディングを Encoding オブジェクトで返します。

source_encoding_name -> Encoding

エラーを発生させた変換の変換元のエンコーディングを文字列で返します。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined == backtrace backtrace_locations cause exception inspect message set_backtrace to_json .exception .json_create !~ <=> === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method method_missing methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_str trust untaint untrust untrusted? .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE