Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > continuationライブラリ > Continuationクラス

class Continuation

クラスの継承リスト: Continuation < Object < Kernel < BasicObject

要約

継続を表すクラスです。

Kernel.#callcc { |cont| ... } の呼び出し は、直前の状態(ローカル変数の定義、スタックフレーム)を cont に記憶 してブロックを実行します。cont は、Continuation クラスのインスタ ンスで、Continuation#call メソッドを実行するこ とでいつでも記憶した状態を継続することができます。

C 言語の setjmp()/longjmp() がわかる人は

setjmp() == callcc {|c| }
longjmp() == c.call

と考えれば、わかりやすいかも知れません(ただし、callcc はスタックが深く なる方向にもジャンプ出来るという違いがあります)

callcc() は、ブロックの戻り値を返しますが、Continuation#call(args) が呼び出されたときは args を返します。

例:

以下は、Continuationによる無限ループの例

def LOOP
  c = nil
  yield callcc {|cnt| c = cnt; true }
  c.call(false)
end

LOOP {|v| p v}

=> true
   false
   false
   false
     :
     :

callcc とは、call-with-current-continuation の略です。

インスタンスメソッド

定義 説明
self[*ret] -> ()
call(*ret) -> ()

self が記憶した状態を継続します。引数は そのまま Kernel.#callcc の戻り値になります。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method method_missing methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .new .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE