Ruby 2.2.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Randomクラス > rand

singleton method Random.rand

rand -> Float[permalink][rdoc]
rand(max) -> Integer | Float
rand(range) -> Integer | Float | nil

疑似乱数を発生させます。

Random::DEFAULT.rand と同じです。 Random#rand を参照してください。

疑似乱数生成器が Kernel.#rand と共通なため Kernel.#srand などの影響を受けます。

[PARAM] max:
乱数値の上限を正の整数または実数で指定します。
[PARAM] range:
発生させる乱数値の範囲を Range オブジェクトで指定します。 range の境界は数値でなければなりません。
srand 1234 # 乱数の種を設定する。
Random.rand(10.0)  #=> 1.9151945037889229  (0.0 以上 10.0 未満の実数)
rand(10.0)         #=> 6                   (rand(10) と同じ)

[SEE_ALSO] Random.srand, Random#rand, Random::DEFAULT