Ruby 2.2.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Mutexクラス

class Mutex

クラスの継承リスト: Mutex < Object < Kernel < BasicObject

要約

Mutex(Mutal Exclusion = 相互排他ロック)は共有データを並行アクセスから保護する ためにあります。Mutex の典型的な使い方は(m を Mutex オブジェクトとします):

m.lock
begin
  # m によって保護されたクリティカルセクション
ensure
  m.unlock
end

または、より簡単に

m.synchronize {
  # m によって保護されたクリティカルセクション
}

特異メソッド

定義 説明
new -> Thread::Mutex

新しい mutex を生成して返します。

インスタンスメソッド

定義 説明
lock -> self

mutex オブジェクトをロックします。一度に一つのス レッドだけが mutex をロックできます。既にロックされている mutex に対してロックを行おうとしたスレッドは mutex のロックが解放さ れるまで、実行が停止されます。

locked? -> bool

mutex がロックされている時、真を返します。

owned? -> bool

self がカレントスレッドによってロックされている場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

sleep(timeout = nil) -> self

与えられた秒数の間スリープしてからロックを解放します。

synchronize { ... } -> object

mutex をロックし、ブロックを実行します。実行後に必ず mutex のロックを解放します。

try_lock -> bool

mutex をロックしようとして、ロックが成功した場合、真を返します。 ロックできなかった場合にはブロックせず偽を返します。

unlock -> self

mutex のロックを解放します。mutex のロック待ちになっていたスレッドの実行は再開されます。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method method_missing methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE