Ruby 2.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Stringクラス > to_r

instance method String#to_r

to_r -> Rational[permalink][rdoc]

自身を有理数(Rational)に変換した結果を返します。

Kernel.#Rational に文字列を指定した時のように、以下のいずれかの形 式で指定します。



'  2  '.to_r       # => (2/1)
'1/3'.to_r         # => (1/3)
'-9.2'.to_r        # => (-46/5)
'-9.2E2'.to_r      # => (-920/1)
'1_234_567'.to_r   # => (1234567/1)
'1_234/5_678'.to_r # => (617/2839)

Kernel.#Rational に文字列を指定した時とは異なる点もあります。

途中に変換できないような文字列が入っていた場合は、それより先の文字列は 無視されます。


'21 june 09'.to_r  # => (21/1)
'21/06/09'.to_r    # => (7/2)   # 21/6 を約分して 7/2。

変換できないような文字列を指定した場合は 0/1 を返します。


'foo'.to_r         # => (0/1)
''.to_r            # => (0/1)
'bwv 1079'.to_r    # => (0/1)

[SEE_ALSO] Kernel.#Rational