Ruby 2.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > ENVオブジェクト

object ENV

クラスの継承リスト: ENV
extend: Enumerable

要約

環境変数を表すオブジェクト。Hash と同様のインターフェースを持ち ます。ただし、Hash と異なり、ENV のキーと値には文字列しか とることができません。

ENV で得られる文字列は ENV['PATH'] を除いて汚染されていま す。オブジェクトの汚染に関しては セキュリティモデル を参照して下さい。 ENV['PATH'] はその要素が誰でも書き込み可能なディレクトリを含ん でいる場合に限り汚染されます。

例:

p ENV['TERM'].tainted?  # => true
p path = ENV['PATH']    # => "/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/X11/bin"
p path.tainted?         # => false

また、ENV で得られる文字列は Object#freeze されています。

例:

p ENV['TERM'].frozen?  # => true

Windows では環境変数は大文字、小文字を区別しません。(cygwin を除く)

例:

ENV['OS'] # => Windows_NT
ENV['os'] # => Windows_NT

特異メソッド

定義 説明
self[key] -> String

key に対応する環境変数の値を返します。該当する環境変数が存在 しない時には nil を返します。

self[key] = value
store(key, value) -> String

key に対応する環境変数の値を value にします。 value が nil の時、key に対応する環境変数を取り除きます。

assoc(key) -> Array | nil

自身が与えられたキーに対応する要素を持つとき、見つかった要素のキーと値のペアを 配列として返します。

clear -> self

環境変数をすべてクリアします。self を返します。

delete(key) -> String | nil
delete(key) {|key| ... } -> String | nil

key に対応する環境変数を取り除きます。取り除かれた環境変数の 値を返しますが、key に対応する環境変数が存在しない時には nil を返します。

delete_if {|key, value| ... } -> ENV
reject! {|key, value| ... } -> ENV | nil
delete_if -> Enumerator
reject! -> Enumerator

key と value を引数としてブロックを評価した値が真であ る時、環境変数を削除します。

each -> Enumerator
each_pair -> Enumerator
each {|key, value| ... } -> self
each_pair {|key, value| ... } -> self

key と value を引数としてブロックを評価します。

each_key -> Enumerator
each_key {|key| ... } -> self

key を引数としてブロックを評価します。

each_value -> Enumerator
each_value {|value| ... } -> self

value を引数としてブロックを評価します。

empty? -> bool

環境変数がひとつも定義されていない時真を返します。

fetch(key) -> String
fetch(key, default) -> String
fetch(key) {|key| ... } -> String

key に関連づけられた値を返します。該当するキーが登録されてい ない時には、引数 default が与えられていればその値を、ブロッ クが与えられていればそのブロックを評価した値を返します。そのいずれ でもなければ例外が発生します。

has_key?(key) -> bool
include?(key) -> bool
key?(key) -> bool
member?(key) -> bool

key で指定される環境変数が存在する時、真を返します。

has_value?(val) -> bool
value?(val) -> bool

val を値として持つ環境変数が存在する時、真を返します。

key(val) -> String | nil
index(val) -> String | nil

val に対応するキーを返します。対応する要素が存在しない時には nil を返します。

inspect -> String

ENV オブジェクトを文字列化します。 Hash#inspect と同じように動作します。

invert -> Hash

環境変数の値をキー、名前を値とした Hash を生成して返します。

keep_if {|key, value| ... } -> ENV
select! {|key, value| ... } -> ENV | nil
keep_if -> Enumerator
select! -> Enumerator

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

keys -> [String]

全環境変数の名前の配列を返します。

length -> Integer
size -> Integer

環境変数の数を返します。

rassoc(value) -> Array | nil

自身が与えられた値に対応する要素を持つとき、見つかった要素のキーと値のペアを 配列として返します。

rehash -> nil

何もしません。nilを返します。

reject -> Enumerator
reject {|key, value| ... } -> Hash

環境変数のうち、ブロックを評価した値が真であるものをとり除きます。 Enumerable#reject と異なり Hash を返します。また、とり除いた結果 は実際の環境変数に影響を与えません。

replace(hash) -> ENV

環境変数を hash と同じ内容に変更します。 self を返します。

select -> Enumerator
select {|key, value| ... } -> [[String, String]]

環境変数名と値についてブロックを評価し、真を返したものを集めた配列を返 します。配列の各要素は配列となり、第一要素が変数名、第二要素が値になり ます。

shift -> [String, String]

環境変数を一つ取り除いて、それを名前と値の組の配列で返します。 環境変数が一つも設定されていなければ nil を返します。

to_a -> [[String, String]]

環境変数から [変数名, 値] となる 2 要素の配列の配列を生成します。

to_hash -> Hash
to_h -> Hash

環境変数の名前をキーとし、対応する値をもつハッシュを返します。

to_s -> String

環境変数を文字列化します。 Hash#to_s と同じように動作します。

update(other) -> ENV

ハッシュ other の内容を環境変数にマージします。重複するキー に対応する値は other の内容で上書きされます。

values -> [String]

環境変数の全値の配列を返します。

values_at(*key) -> [String]

引数で指定されたキー(環境変数名)に対応する値の配列を返します。存在 しないキーに対しては nil が対応します。