Ruby 2.0.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > timeライブラリ > Timeクラス > strptime

singleton method Time.strptime

strptime(date, format) -> Time[permalink][rdoc] [added by time]
strptime(date, format) {|y| ... } -> Time [added by time]

文字列を Date._strptime を用いて Time オブジェクト に変換します。

require 'time'
Time.strptime('2001-02-03T04:05:06+09:00', '%Y-%m-%dT%H:%M:%S%z')
#=> 2001-02-03 06:05:06 +0900

ブロックを渡すと年の部分をブロックによって変換できます。

require 'time'
Time.strptime('91/5/18 4:13:00', '%Y/%m/%d %T'){|y|
  if y > 100 then y
  elsif y >= 69 then y + 1900
  else y + 2000
  end
}
#=> 1991-05-18 04:13:00 +0900

Time.strptime('01/5/18 4:13:00', '%Y/%m/%d %T'){|y|
  if y > 100 then y
  elsif y >= 69 then y + 1900
  else y + 2000
  end
}
#=>  2001-05-18 04:13:00 +0900

詳しくは DateTime.strptime, Date.strptime を見てください。

[PARAM] date:
時刻を表す文字列
[PARAM] format:
書式文字列