Ruby 2.0.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Regexpクラス > last_match

singleton method Regexp.last_match

last_match -> MatchData[permalink][rdoc]

カレントスコープで最後に行った正規表現マッチの MatchData オ ブジェクトを返します。このメソッドの呼び出しは $~ の参照と同じです。

/(.)(.)/ =~ "ab"
p Regexp.last_match      # => #<MatchData:0x4599e58>
p Regexp.last_match[0]   # => "ab"
p Regexp.last_match[1]   # => "a"
p Regexp.last_match[2]   # => "b"
p Regexp.last_match[3]   # => nil
last_match(nth) -> String | nil[permalink][rdoc]

整数 nth が 0 の場合、マッチした文字列を返します ($&)。それ以外では、nth 番目の括弧にマッチ した部分文字列を返します($1,$2,...)。 対応する括弧がない場合やマッチしなかった場合には nil を返し ます。

/(.)(.)/ =~ "ab"
p Regexp.last_match      # => #<MatchData:0x4599e58>
p Regexp.last_match(0)   # => "ab"
p Regexp.last_match(1)   # => "a"
p Regexp.last_match(2)   # => "b"
p Regexp.last_match(3)   # => nil

正規表現全体がマッチしなかった場合、引数なしの Regexp.last_match はnil を返すため、 last_match[1] の形式では例外 NoMethodError が発生します。 対して、last_match(1) は nil を返します。

str = "This is Regexp"
/That is Regexp/ =~ str
p Regexp.last_match #=> nil
begin
  p Regexp.last_match[1] # 例外が発生する
rescue
  puts $! #=> undefined method `[]' for nil:NilClass
end
p Regexp.last_match(1) #=> nil
[PARAM] nth:
整数を指定します。 整数 nth が 0 の場合、マッチした文字列を返します。それ以外では、nth 番目の括弧にマッチした部分文字列を返します。