Ruby 1.9.3 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > syck/rubytypesライブラリ > TrueClassクラス > to_yaml

instance method TrueClass#to_yaml

to_yaml(opts = {}) -> String[permalink][rdoc] [added by syck/rubytypes]

自身を YAML ドキュメントに変換します。

[PARAM] opts:
YAML ドキュメント出力の際のオプションを指定します。 オプションの詳細は Syck::Emitter#reset を参照し てください。
require 'yaml'
print true.to_yaml # => --- true