Ruby 1.9.3 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Timeクラス > new

singleton method Time.new

new -> Time[permalink][rdoc]
now -> Time

現在時刻の Time オブジェクトを生成して返します。 タイムゾーンは地方時となります。

例:

Time.now # => 2009-06-24 12:39:54 +0900
new(year, mon = nil, day = nil, hour = nil, min = nil, sec = nil, utc_offset = nil) -> Time[permalink][rdoc]

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

mon day hour min sec に nil を指定した場合の値は、その引数がとり得る最小の値です。 utc_offset に nil を指定した場合の値は、現在のタイムゾーンに従います。

[PARAM] year:
年を整数か文字列で指定します。例えば 1998 年に対して 1998 を指定します。
[PARAM] mon:
1(1月)から 12(12月)の範囲の整数または文字列で指定します。 英語の月名("Jan", "Feb", ... などの省略名。大文字小文字の違いは無視します)も指定できます。
[PARAM] day:
日を 1 から 31 までの整数か文字列で指定します。
[PARAM] hour:
時を 0 から 23 までの整数か文字列で指定します。
[PARAM] min:
分を 0 から 59 までの整数か文字列で指定します。
[PARAM] sec:
秒を 0 から 60 までの整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)
[PARAM] utc_offset:
協定世界時との時差を、秒を単位とする整数か、 "+HH:MM" "-HH:MM" 形式の文字列で指定します。
[EXCEPTION] ArgumentError:
与えられた引数が無効である場合に発生します。
p Time.new(2008, 6, 21, 13, 30, 0, "+09:00") #=> 2008-06-21 13:30:00 +0900