Ruby 1.9.3 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Stringクラス > to_f

instance method String#to_f

to_f -> Float[permalink][rdoc]

文字列を 10 進数表現と解釈して、浮動小数点数 Float に変換します。

浮動小数点数とみなせなくなるところまでを変換対象とします。 変換対象が空文字列であれば 0.0 を返します。



p "10".to_f    # => 10.0
p "10e2".to_f  # => 1000.0
p "1e-2".to_f  # => 0.01
p ".1".to_f    # => 0.1

p "nan".to_f   # => 0.0
p "INF".to_f   # => 0.0
p "-Inf".to_f  # => -0.0
p(("10" * 1000).to_f)   # => Infinity (with warning)

p "".to_f      # => 0.0
p "1_0_0".to_f # => 100.0
p " \n10".to_f # => 10.0       # 先頭の空白は無視される
p "0xa.a".to_f # => 0.0

なお、このメソッドの逆に、数値を文字列に変換するには Kernel.#sprintf,String#%,Integer#to_s を使用します。

[SEE_ALSO] String#hex, String#oct, String#to_i, Kernel.#Integer, Kernel.#Float