instance method Regexp#=== (Ruby 1.9.3)

Ruby 1.9.3 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Regexpクラス > ===

instance method Regexp#===

self === string -> bool[permalink][rdoc]

文字列 string との正規表現マッチを行います。 マッチした場合は真を返します。

string が文字列でもシンボルでもない場合には false を返します。

このメソッドは主にcase文での比較に用いられます。

[PARAM] string:
マッチ対象文字列

例:

a = "HELLO"
case a
when /\A[a-z]*\z/; print "Lower case\n"
when /\A[A-Z]*\z/; print "Upper case\n"
else;            print "Mixed case\n"
end
# => "Upper case"

/\A[a-z]*\z/ === "HELLO" # => false
/\A[A-Z]*\z/ === "HELLO" # => true

[SEE_ALSO] Enumerable#grep, Object#===