instance method Object#psych_to_yaml (Ruby 1.9.3)

Ruby 1.9.3 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > psychライブラリ > Objectクラス > psych_to_yaml

instance method Object#psych_to_yaml

to_yaml(options = {}) -> String[permalink][rdoc] [added by psych]
psych_to_yaml(options = {}) -> String [added by psych]

オブジェクトを YAML document に変換します。

options でオプションを指定できます。 Psych.dump と同じなので詳しくはそちらを参照してください。

syck に to_yaml メソッドがあるため、 psych_to_yaml が別名として定義されています。将来的に syck が廃止された場合 psych_to_yaml は廃止 される予定であるため、特別の事情がない限り to_yaml を用いてください。

[PARAM] options:
出力オプション

[SEE_ALSO] Psych.dump

to_yaml(opts = {}) -> String[permalink][rdoc] [added by syck/rubytypes]

自身を YAML ドキュメントに変換します。

[PARAM] opts:
YAML ドキュメント出力の際のオプションを指定します。 オプションの詳細は Syck::Emitter#reset を参照し てください。
require 'yaml'

h = {
  :ugo => 17,
  :hoge => "fuga",
}

print h.to_yaml
#=> ---
#=> :ugo: 17
#=> :hoge: fuga

class MyDog
  attr_accessor :name, :age
end

c = MyDog.new
c.name = "Pochi"
c.age = 3
print c.to_yaml
#=> --- !ruby/object:MyDog
#=> age: 3
#=> name: Pochi