Ruby 1.9.3 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > ARGF.classクラス > argv

instance method ARGF.class#argv

argv -> Array[permalink][rdoc]

Kernel::ARGV を返します。

ARGF が ARGV をどう扱うかについては ARGF を参照してください。

例:

$ ruby argf.rb -v glark.txt

ARGF.argv   #=> ["-v", "glark.txt"]