Ruby 1.9.3 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Integerクラス

class Integer

クラスの継承リスト: Integer < Numeric < Comparable < Object < Kernel < BasicObject
dynamic include: JSON::Generator::GeneratorMethods::Integer (by json)

要約

整数の抽象クラスです。サブクラスとして FixnumBignum が あります。この 2 種類の整数は値の大きさに応じてお互いに自動的に変換さ れます。ビット操作において整数は無限の長さのビットストリングとみなすこ とができます。

2.4.0 から Fixnum, Bignum は Integerに統合されました。 2.4.0 からはどちらも Integer クラスのエイリアスとなっています。

インスタンスメソッド

定義 説明
to_i -> self
to_int -> self
floor -> self
ceil -> self
round -> self
truncate -> self

self を返します。

chr -> String
chr(encoding) -> String

与えられたエンコーディング encoding において self を文字コードと見た時、それに対応する一文字からなる文字列を返します。 引数無しで呼ばれた場合は self を US-ASCII、ASCII-8BIT、デフォルト内部エンコーディングの順で優先的に解釈します。

denominator -> Integer

分母(常に1)を返します。

downto(min) {|n| ... } -> self
downto(min) -> Enumerator

self から min まで 1 ずつ減らしながらブロックを繰り返し実行します。 self < min であれば何もしません。

even? -> bool

自身が偶数であれば真を返します。 そうでない場合は偽を返します。

gcd(n) -> Integer

自身と整数 n の最大公約数を返します。

gcdlcm(n) -> [Integer]

自身と整数 n の最大公約数と最小公倍数の配列 [self.gcd(n), self.lcm(n)] を返します。

integer? -> true

常に真を返します。

lcm(n) -> Integer

自身と整数 n の最小公倍数を返します。

next -> Fixnum | Bignum
succ -> Fixnum | Bignum

self の次の整数を返します。

numerator -> Integer

分子(常に自身)を返します。

odd? -> bool

自身が奇数であれば真を返します。 そうでない場合は偽を返します。

ord -> Integer

自身を返します。

pred -> Integer

self から -1 した値を返します。

rationalize -> Rational
rationalize(eps) -> Rational

自身を Rational に変換します。

times {|n| ... } -> self
times -> Enumerator

self 回だけ繰り返します。 self が正の整数でない場合は何もしません。

to_r -> Rational

自身を Rational に変換します。

to_s -> String
to_s(base) -> String

整数を 10 進文字列表現に変換します。

upto(max) {|n| ... } -> Fixnum | Bignum
upto(max) -> Enumerator

self から max まで 1 ずつ増やしながら繰り返します。 self > max であれば何もしません。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined % +@ -@ <=> abs abs2 angle coerce conj div divmod eql? fdiv i im imag nonzero? polar quo real real? rect remainder step to_c zero? !~ == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? marshal_dump marshal_load method method_missing methods must_be must_be_close_to must_be_empty must_be_instance_of must_be_kind_of must_be_nil must_be_same_as must_be_within_epsilon must_equal must_include must_match must_raise must_respond_to must_send must_throw nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_io to_proc to_regexp to_str to_yaml_properties to_yaml_style trust untaint untrust untrusted? .new .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE

追加されるメソッド

定義 説明 ライブラリ
each_prime(upper_bound) {|prime| ... } -> object
each_prime(upper_bound) -> Enumerator

全ての素数を列挙し、それぞれの素数をブロックに渡して評価します。

prime
from_prime_division(pd) -> Integer

素因数分解された結果を元の数値に戻します。

prime
prime? -> bool

自身が素数である場合、真を返します。 そうでない場合は偽を返します。

prime
prime_division(generator = Prime::Generator23.new) -> [[Integer, Integer]]

自身を素因数分解した結果を返します。

prime
taguri -> String

自身のタグ URI を返します。

syck/rubytypes
taguri=(val)

自身のタグ URI を val に設定します。

syck/rubytypes
to_bn -> OpenSSL::BN

Integer を同じ数を表す OpenSSL::BN のオブジェクトに 変換します。

openssl
to_d -> BigDecimal

自身を BigDecimal に変換します。BigDecimal(self) と同じです。

bigdecimal/util
to_yaml(opts = {}) -> String

自身を YAML ドキュメントに変換します。

syck/rubytypes
yaml_tag_subclasses? -> true

常に true を返します。

syck/rubytypes